始める前に頭で悩み考えず、手を動かす事

行動する事

仕事ができる人、成功しやすい人の特徴として、
業務遂行能力が高いということが挙げられます。

どういうことかと言うと、
悩むより先に行動することができる人
だということです。

『ヒツジは許可を得てからキスをする。ライオンはキスをしながら許可を得る。』
(千田琢也 著書 『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』より)

ヒツジは勇気がないので、絶対の安全を確認してからでないと動けません。

石橋を叩きまくってから渡っていたのでは、
次々にライバルに先を越されてしまいます。

いつまで経っても「キスしてもいいか?」と言い出せないので、相手をウンザリさせます。

ライオンは人生すべてにおいて、行動に移しながら相手を納得させる。
行動せずに呆れ返られるよりは、行動して肘鉄を食らったほうが遥かに学ぶことは多いのです。

仕事も同じです。

あれこれ考えてばかりだと、せっかくのチャンスをダメにしてしまいます。
かと言って、全く考えず行動のみというわけではありません。

できる人は、常に行動しながら考えているというわけです。

そんなことできるの?と思う人もいるかもしれませんが、
実際にそれで成功している人は数多くいます。

性格の問題もあるでしょう。
内気な性格だとなかなか行動に起こすのは難しいと思います。

しかし、誰でもあまり時間がない切羽詰った状態で仕事を終わらせないといけない時、
いつも以上に仕事の処理速度、すなわち行動が早くなりませんか?

きっと、普段よりも早いスピードで仕事をこなしていると思います。
そのときは、『考える』と『行動する』を同時にこなしているはずです。

行動力は誰にでもあるのです。
それを起こせるかどうかという決断だけの問題です。

時には失敗することもあるでしょう。
それでも行動を起こさずにいるよりは、失敗して得るものの方が多いです。

やってみて初めてわかることもあります。
考えるだけでは、時間だけが無駄に過ぎるだけで、やる気もだんだん失っていきます。

失敗を恐れて何もしないよりは、良い結果に繋がるでしょう。
そして、周りの評価も行動力がある人の方が高いです。

行動している人は、やる気に満ち溢れている感じがします。

逆に、考え込んで悩んでいる姿を見ると、
大丈夫かな?という心配の方が勝ります。

すぐには無理かもしれませんが、
少しずつでも行動力を身に着けるように努力しましょう。
とりあえず、『行動してみる』をやってみましょう。

そうすればきっと、成功へのきっかけがつかめると思います。

サブコンテンツ

ソーシャルメディア

プロフィール

宍戸

ジェイズファーティー株式会社

代表取締役

北海道出身のインターネット起業家。

詳しいプロフィールはこちら

このページの先頭へ